子供と食べたい七夕そうめんの由来とアレンジレシピ7品

高齢ママの子育て2015年8月24日 更新

七夕の日に食べるそうめんの由来とアレンジレシピ7品

七夕はそうめんの日

7月7日の七夕は、そうめんを食べる風習がある事をご存知ですか?

今回は、このあまり知られていない「七夕そうめん」の由来と、子供と一緒に作って楽しめるそうめんのアレンジレシピをご紹介。

離乳食から大人用のピリ辛系まで、ピックアップしてお届けします。

七夕そうめんの由来

後醍醐天皇の時代、宮中における七夕の儀式で供えられていた小麦粉料理「索餅(さくべい)」。
この索餅とは、熱病を流行らせた霊鬼神が子供の頃に好きな料理で、祟りを鎮めるとされていました。

やがてこの索餅がそうめんへと変化し、平安時代以降、宮中行事にそうめんは欠かせない供え物となっていったのだそう。
七夕にそうめんを食べると大病をしないという由来は、ここからきているのですね。

また、そうめんを天の川や織姫が折る「織り糸」に見立て、機織、つまり芸事が上手になるようにと言う願いを込めて、七夕にそうめんを食べるようになったという説もあります。

赤ちゃんの七夕スープ/離乳食中期・後期・完了期

赤ちゃんの七夕スープ

星型のオクラと人参、月齢に合わせてカットしたそうめんを
コンソメと水溶き片栗粉で可愛い七夕スープに。

離乳食☆七夕☆リサとガスパール

離乳食☆七夕☆リサとガスパール
そうめん、オクラ、人参、大根を使った七夕プレート!
お子さんの月齢に合わせて、チョイスすると良いですね。

天の川★七夕そうめんレシピ

天の川七夕そうめん

そうめんを囲む、スライサーで薄くカットしたキュウリが涼しげ。

★七夕パフェ素麺☆パーティーにも♪

七夕パフェ素麺

本当にまるでパフェ!
アイスクリームみたいな素麺と、フルーツみたいなサラダは食べるのがもったいない!?

七夕そうめん

七夕そうめん

豚ひき肉とエバラ黄金の味を使った、スタミナ素麺!
大人は豆板醤を入れてピリッとさせたら、パパも納得の美味しさ。

星いっぱい七夕カラフルそうめん

星いっぱい七夕カラフルそうめん

カラフルそうめんに彩り野菜をたっぷりと!
キラキラ笑顔のお星様に、皆癒されそうですね。

七夕サラダそうめん

七夕サラダそうめん
うずらの卵で作った織姫と彦星のキャラそうめん!
ドレッシングで食べるサラダ感覚のそうめんです。

子供と一緒に楽しむ「行事食」の意味

ひな祭りのひなあられ、端午の節句の柏餅など、日本には古来より子供の健やかな成長を願った「行事食」が存在します。

そして、こうした願いを込めた食事を家で楽しむ事は、家族間のコミュニケーションを図る上でとても大切な事です。

「食」に込められた「願い」を感じながら摂る食事は、愛に満ちた食卓となる筈です。

今年の七夕は、是非お子さんと一緒にご家族で素敵な時間を過ごしてみませんか。

こちらもおススメ!
 ↓
「子供が喜ぶ!七夕の可愛いレシピメニュー10品」

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

30代40代のママに向けて、いろんな情報を掲載しています!

カテゴリー

人気記事ランキング