【最新版】出生前診断/羊水検査2万件超で過去最多!妊娠高齢化背景

高齢妊娠2015年6月26日

最新版】出生前診断/羊水検査2万件超で過去最多。妊娠高齢化背景

妊娠高齢化を背景に出生前診断が過去最多に

2015年6月26日付「西日本新聞」のトップ記事に掲載されていたこのニュース。
高齢出産であれば知っておきたい出生前診断についてまとめました。

胎児の染色体疾患の有無を調べる羊水検査が2013年に約2万600件(前年比3%増)実施され、過去最多となったことが25日、国立成育医療研究センター(東京)の左合治彦周産期・母性診療センター長らが実施した出生前診断に関する調査で分かった。
染色体疾患がある確率を算出する母体血清マーカー検査も約2万6400件(同9.5%増)で最多。
胎児の疾患の可能性が高まるとされる高齢妊娠を背景に出生前診断への関心の広がりが示された。

※データは1998年から08年迄は受託実績がある全ての検査機関を対象に実数を調べ、09年以降は実施件数全体8~9割程度を占める主要機関分を把握した上で、推計値として出している。
[西日本新聞より]

高まる遺伝カウンセリングの重要性

羊水検査は98年~02年にかけ1万件前後で推移していましたが、徐々に増加し12年には約2万件となり、13年はさらに約600件増えました。

13年には、新出生前診断が臨床研究としてスタート。
結果が陰性であれば、流産リスクがある羊水検査を回避出来るというメリットがある為、同年の羊水検査の動向に注目が集まりましたが、結果的に減少には結びつかなかった様です。

一方、母体血清マーカー検査は98年に2万1708件実施されましたが、遺伝カウンセリング体制が不十分だった事等から、旧厚生省の専門委員会が99年に「医師は妊婦に勧めるべきではない」との見解をまとめ、01年には1万5308件まで減少。

その後、増加傾向に転じ、13年には前年より約2300件増の2万6400件でした。

左合センター長は、この背景について次のような見解を示しています。

「新出生前診断は実施施設や対象者が限られ、従来の検査を受ける人が増えたとみられる。各検査への理解を深めるための遺伝カウンセリング体制整備や、社会的な議論が求められる」

人工妊娠中絶という倫理的な問題も指摘される出生前診断には、正確な情報提供に基づいて妊婦の意思決定を伝える遺伝カウンセリングの充実が必要不可欠と言えそうです。

高齢出産なら知っておきたい、出生前診断の事

高齢出産はダウン症等の染色体の異常発生が多くなると言われています。

こうした胎児の疾患の可能性が高まるとされる高齢妊娠を背景に、出生前診断への関心が高まっていると言えます。

出生前診断とは

出生前診断とは、胎児が生まれる前に病気や染色体疾患の有無を検査で診断する事です。

妊婦から採血するだけで結果が出る方法として、次の2つがあります。

1)母体血清マーカー検査

検査期間は15~18週頃。
染色体疾患の確率を算出します。
その算出方法に年齢も要素として加えられる為、高齢出産の場合はグレーゾーンに判定されてしまうそうです。
費用は自費で3万円程度。

2)母体血胎児染色体検査

「新出生前診断」として2013年に導入された検査方法。
ダウン症と18トリソミー、13トリソミーの3種類の染色体疾患を対象に実施されます。

いずれも可能性の有無をふるいにかける為の「スクリーニング検査」である事から、特に高齢出産の場合は陽性の確定診断の為に羊水検査が必要となります。

→母体血清マーカーテストとは/出生前診断情報センター

→母体血胎児染色体検査について/NIPTコンソーシアム

羊水検査とは?

1)時期は?

羊水検査を実施する時期は妊娠15週~18週の間です。

2)検査方法は?

エコーで胎児の様子を確認しながら、妊婦のお腹から子宮に細い針を刺して羊水を摂取します。
摂取量は15~20ml。摂取自体は5分もかかりません。
その中にある赤ちゃんの細胞を培養し、染色体の本数や構造を分析します。
局部麻酔をするのでほとんど痛みは無いそうです。
約2~3週間ほどで結果が出ます。

3)安全なの?リスクは?

羊水検査の副作用として、お腹が張る、破水、出血、感染などが上げられます。
中でも流産のリスクが0.3%あると言われています。
そしてこの流産確率は、35歳以上の妊婦の染色体異常の発生の確率とほぼ同じです。

4)検査の正確さは?

たとえばダウン症については100%に近い確率で分かりますが、決して100%ではありません。
モザイク型ダウン症と呼ばれるいくつかの細胞が混じり合ったダウン症については、診断が難しくなります。

また羊水検査で全ての異常や疾患が判るわけでは無く、発達障害などは羊水検査ではわかりません。

5)費用は?

羊水検査の費用は各病院によって異なり、6万~15万円というのが平均のようです。
費用が高い病院では念のため1日入院、安価な病院は日帰りがほとんどです。
保険適用外になるので全額自己負担となります。

遺伝カウンセリングとは

遺伝カウンセリングとは、学会の認定するカウンセラーが夫婦に行うカウンセリングです。
出生前検査で分かる病気の種類やその確実さ、赤ちゃんに病気や障害があった場合、どんな治療や社会的サポートがあるかを詳しく説明します。

検査を受けるかどうか、また出産できるかどうかを夫婦が判断できるようにする為です。

しかし、日本でお産を扱う医療機関が2600施設超に対し、学会が認定する専門の医師やカウンセラーは僅か300人(2012年発表)と、圧倒的に不足しているのが実情です。

正しい情報を得ないまま安易な人工妊娠中絶に繋がる事にならない様、カウンセリング態勢を早急に整備することが求められています。

また遺伝カウンセリングの費用も保険対象外となり、自費で5,000円~15,000円程度がかかります。

出生前診断による「命の選択」

マスメディアにも日々取り上げられ、議論されている出生前診断。

親であれば誰もが、我が子に健康な体で生まれてきて欲しいと願うものです。
検査を受ける事で異常が無い事が分かれば、出産まで安心して過ごせる。
これは大きなメリットです。

一方、「出生前診断は、病気や障害を持っている人を排除するものだ」と異義を唱える人もいます。

それは「もし陽性と判明した時、その赤ちゃんをどうするのか?」という倫理的な問題です。

つまり、このまま妊娠を継続するのか、人工妊娠中絶をするのかという「命の選択」を迫られるのです。

そして人工妊娠中絶が法的に許されるのは22週まで。
つまり僅か1ヶ月余りで、我が子の命に係わる決断を下さなければならないのです。

高齢出産を決意し、不妊治療を経てようやく授かった我が子だからこそ思いは複雑です。

よって、出生前診断についてはそれぞれの夫婦、家族の判断にゆだねるしかありません。

只、その重さを理解した上で臨むべき、重大な検査である事は確かです。

※参考文献
35歳からの“おおらか”妊娠・出産/三和知左子・牧野郁子
35歳からのおめでたスタンバイ/大葉ナナコ
「35歳からの出産」を選ぶあなたに/中山摂子・吉水ゆかり著

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

30代40代のママに向けて、いろんな情報を掲載しています!

カテゴリー

人気記事ランキング

まだデータがありません。