【男性妊活】30代40代男性の妊娠力アップの為の注意点まとめ

高齢出産2015年6月10日

【男性妊活】30代40代男性の妊娠力アップの為の注意点まとめ

30代40代男性の妊娠力・精子力をあげる為には

男性不妊の原因の約90%は造精機能障害と言われています。

精巣で精子がうまくつくれない
精子の数が少ない
精子の運動率が低い

など精子をつくる機能に障害があるというものですが、原因が特定出来ないケースが多いとされています。

そこで重要になるのが、普段の生活習慣を見直すこと。

喫煙やアルコール、下半身を圧迫したり温める衣類、睡眠やストレスなどを改善する事で、精子の質をあげる事が出来るのだそう。

特に習慣化してしまっている高齢男性の場合は、早めの対処が必要です。

そこで今回は、身近な生活習慣を見直して、男性の妊娠力・精子力をアップさせる為の注意点についてまとめてみました。

精子の質に悪影響を及ぼすタバコと過度なアルコール

1)喫煙

喫煙者は非喫煙者より精子数が15~25%少ないと言われています。

精子細胞は、成熟するまで3ヶ月かかるため、最低でも3ヶ月前から禁煙した方がベター。

女性側の受動喫煙も、不妊や流産などのリスクに繋がる為、赤ちゃんが欲しいと思ったら夫婦で禁煙するのがベストです。

2)アルコール

妊娠中の女性に対して注意喚起を促しているアルコール摂取。
実は男性にとっても、大量のアルコールは精子の質を下げると言われています。

デンマークで行われた調査によると、
「ビールを3本以上毎日飲む男性は精子濃度が33%低下」し、
ヒトパピローマウイルスHPVの感染リスクも13%高い事がわかっています。

精子の質を改善するには70日程かかると言われているので、飲酒が習慣化している場合は、ベビーの事はもちろん自身の健康の為にも、飲酒量や頻度など早めに改善する事が肝要です。

≫ヒトパピローマウイルスHPV感染症とは(厚生労働省)

インスタント食品

ジャンクフードやインスタント食品等、添加物や人工調味料を豊富に含んだ食品は、精子に悪影響を及ぼすと言われています。

睡眠不足やストレス

精子の運動率を上げるには、心身ともにしっかり休息を取ることが必要です。
交感神経が緊張している状態が続くと活性酸素が増え、不眠の原因にもなります。

十分な睡眠を取ってストレスは溜め込まず、適度に発散し解消するように心掛けましょう。

精巣は圧迫しない、あたためない!

女性の不妊症の原因のひとつに「冷え」がありますが、男性の不妊症の場合は、精巣(睾丸)を温める事が不妊症の原因になりやすいと言われています。

そもそも男性の睾丸が体の外にある事、睾丸をひっぱれば伸びるような構造になっているのは、ひとえに精子を熱から守る為なのだそう。

よって、男性妊活の為には精巣は圧迫しない、股間を温めないというのが大原則なのです。

1)熱いお風呂や長時間のサウナ

熱いお風呂や長風呂、長時間のサウナは精子をつくる精巣に悪影響を及ぼします。

湯温は38度位、入浴やサウナは長く入らないよう心掛けましょう。

2)ブリーフ&ボクサーパンツはNG

男性の下着と言えば、ボクサーパンツが主流。
でも体にフィットするボクサーパンツやブリーフは蒸れやすく、下半身や股間を圧迫して精巣温度を上昇させてしまいます。

妊活するなら締め付け感の無いトランクスがおすすめです。

あるデータによると、明治時代の男性と平成の男性の精子の量は半分に減っているそう。
股間の圧迫が精子数の減少に影響しているのではないかと言われています。

3)ピタピタジーンズにも要注意

下着同様、ジーンズにも注意が必要です。
帰宅したらスウエット等のリラックス出来る部屋着に着替え、休日はジーンズよりはチノパンの方がベターです。

4)膝上パソコンは危険

熱を放出するノートPCを膝の上に載せていると、精巣の温度を上昇させてしまいます。
結果、生殖能力が低下すると言われています。

5)長時間のバイク自転車

自転車の場合、サドルの圧迫や摩擦、股間に密着したウェア等が原因で 精巣の温度を上昇させてしまいます。
通勤や週末にちょっと乗る位であれば問題はありませんが、ロードバイクやアスリートで1週間に300キロ以上乗るという場合は注意が必要です。

育毛剤AGA治療薬と男性不妊の関係

見直すべき生活習慣のひとつに「育毛剤」の服用があげられています。

薄毛で悩んでいる人にとっての救世主「飲む育毛剤 フィナステリド(プロペシア)」。
実はこれには、深刻な副作用や後遺症が問題視されています。

事例は僅かながら、性欲減退や勃起障害、睾丸痛 不妊症、射精障害などの副作用が報告されているので、注意が必要です。

男性の精子はとてもデリケート

精子の状態は、メンタル面の影響をダイレクトに受けます。
射精時の精神状態が、精液の状態を変動させるという指摘もある位です。

つまり性的興奮が大きい程、射精された精液の中の精子の数と動きは活発になり、妊娠させる力が強くなるというのです。

ですから、普段の夫婦生活において、リラックスした気持ちの良いセックスをする事が実はとても大切であると言えます。

男性もブライダルチェックを

男性も、加齢により不妊の可能性が高くなります。

更に飲酒、喫煙など生活習慣によって個人差があるので、自分の身体ときちんと向き合う意味で受ける事をおすすめします。

男性のブライダルチェックは、不妊治療専門のクリニックや産婦人科、泌尿器科等で受ける事ができます。

主に、問診と、血液検査で性感染症のチェック、精液検査で精子の状態を検査します。
必要に応じて触診、超音波検査が行われます。

男性も一緒に心とカラダの妊活

妊活は二人で一緒に行うことが大切です。

まずは、喫煙やアルコール、睡眠など毎日のライフスタイルを見直す事から始めてみましょう。

《参考文献》
男性の精子力 今すぐ上げる方法

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

30代40代のママに向けて、いろんな情報を掲載しています!

カテゴリー

人気記事ランキング