赤ちゃんの水遊びデビューはいつから?注意点まとめ

高齢ママの子育て2015年6月2日

赤ちゃんの水遊びデビューはいつから?注意点まとめ

赤ちゃんの水遊びはいつから?どうやって?

赤ちゃんは水遊びが大好き!と同時に水遊びは危険ゾーンでもあります。

浴室やビニールプールでの水遊びは、いつ頃から始めたらいいのかお悩み中のママたちへ。

ねんね、首がすわった頃、おすわりやハイハイの頃、たっちやあんよの頃など、赤ちゃんの成長に合わせた水遊びの方法と注意点について紹介します。

ねんねの赤ちゃんの水遊びは?

まだねんねの頃のベビーの場合は、暑い日の沐浴を水遊びタイムにしてもOK。
シャワーやジョウロなどで体に少し水をかけてあげるだけでも赤ちゃんは大喜び!

但し水量は少なめに、優しくゆっくりを心掛けましょう。

首が完全にすわってから始めよう

首が完全にすわったら、ママが抱っこした状態で水遊びをさせても大丈夫。
まずは水の感触を楽しませてあげましょう。

本格的な水遊びは、おすわり安定後

未だおすわりが不安定な時は、転倒して小量の水でも溺れてしまう事があります。

本格的な水遊びは、おすわりが安定してから始めた方が安心です。

最初はバスチェアを使ったり、ママが必ず体を支えてあげて下さいね。

但し、おすわりができても、転倒の危険はゼロではありません。
決して目を離さないように注意しましょう。

赤ちゃんの水遊びで気をつけること

1)水温は気温+水温

冷たすぎる水は赤ちゃんの身体を冷やすので、水温は25℃位を目安にしましょう。

プールに溜めた水を日向に置いておくか、急ぐときはお湯を足して温度調節を行って下さい。

2)遊んでいる間は目を離さない!

事故は、ほんの少し目を離した隙に起こる事が多いもの。

電話や来客等で、その場を離れないといけない時には、必ず赤ちゃんも一緒に連れて行きましょう。
くれぐれも赤ちゃんを一人で遊ばせない事。

そんな時の為にも、ママは濡れてもいい格好で遊んであげて下さいね。

3)話しかけながらママも一緒に楽しむ

水遊びで赤ちゃんを楽しませるには、たくさん言葉をかけてあげる事が大切。

「パチャパチャ、気持いいね!」「ほ~ら、シャワシャワだよ~」など、ママが話しかける事で、自然に水遊びの面白さが伝わります。

4)水位は赤ちゃんの膝下が目安

赤ちゃんがたっちした上体で、膝下。
おすわりした時に、太ももが丁度隠れるか隠れないかという位が目安。

あまり水を入れ過ぎると、体が浮きやすくなり危険です。

5)日焼け対策はしっかりと

赤ちゃんの肌は、皮膚の角質層が薄くとってもデリケート。
短時間でも紫外線を浴びると、すぐに赤くなってしまいます。

外で遊ぶ時は、なるべく日陰を選びましょう。

帽子をかぶって出来るだけ直射日光を浴びないようにガードして。

肌トラブルを防ぐには、事前に日焼け止めクリームを塗っておきましょう。
→赤ちゃんの紫外線対策におススメ!安心安全な人気の日焼け止め特集

6)水遊びスタイルは水着でなくてもOK

赤ちゃんの時は、水遊びだからと言って、必ず水着を着せる必要はありません。
裸のままスイミングパンツだけでもOK。

★グーン スイミングパンツ

7)水遊びの時間と時間帯

水遊びは以外と運動量が多いもの。
休憩時間も含めて30分を基準にしましょう。
途中でプールの外に出て休憩しながら遊ばせてあげて下さいね。

時間帯は午前中がベスト
食事やねんねのペースが出来て、生活リズムを整えられるので一石二鳥です。

8)水を飲まないように常にチェック

大量の水を飲んで、血液の塩分濃度が下がってしまうと水中毒となり、吐くなどの症状が出ます。
間違って飲まないように注意しながら遊ばせましょう。

9)水遊びの場所

本格的な水遊びには、天気の良い日は、庭やベランダがおすすめです。

風の強い日や肌寒い日等はお風呂場でも大丈夫。
ミニプールをおいて入り、湯船に少しぬるま湯をためて遊びましょう。

狭いベランダでは、ベビーバスや洋服収納用のクリアケースをプール代わりに使う方法もありますよ。

10)遊び終わった後のケア

水分補給を忘れずに
水遊びの後にすぐ飲ませられるように、遊び始める前に準備しておきましょう。
麦茶や白湯を用意しましょう。

ねんねの時間はたっぷりと
水遊びは運動量が多いので、終わった後は十分休む時間をとりましょう。

おすわり・ハイハイの頃

おすわり・ハイハイの頃の水遊び

この時期は、まず水に慣れることが大切です。
水嫌いにならないように、少しずつ水の感覚を教えてあげましょう。

ママが遊び方を見せて、興味を持たせるのがコツです。

1)最初は水に慣らす所からスタート

いきなりプールに入れたり、頭から水をかけると赤ちゃんはビックリしてしまいます。

まずはプールの横にバスチェア等に座らせるか、ママが支えて座らせて。

プールの外から中の水を汲んだり、パシャパシャさせて慣れさせましょう。

それで怖がらないようだったら、コップで水を汲んで赤ちゃんの体にそっとかけてあげましょう。

「気持いいね~!」など必ず声を掛けてあげて下さいね。

2)水に怖がらなくなったらビニールプールに入って

体に水がかかるのを怖がらなくなったら、次のステップです。

ママが支えながら、少しずつプールに入れておすわりさせます。
赤ちゃんの手を取って、水面をパシャパシャさせて遊んでみましょう。

この時、水が顔や耳にかかると嫌がる事があるので、注意して下さいね。

3)水をかけて水の感触を楽しもう

プールの中に一人で座っていられようになれば、グッズを使った遊びも楽しめるようになります。

ママがジョウロやペットボトルから水をかけてあげるだけでも、赤ちゃんは大喜び!
水の汲み方やかけ方を教えてあげてましょう。

4)おもちゃは家にあるボールでOK

身近にあるおもちゃは、水遊びでも大活躍!

ボールを水に浮かべれると、ボールつかみゲームが出来ちゃいます。
プカプカ浮かぶボールをつかんで取れるかチャンレンジしてみましょう。

ボールはあまり小さいと、誤飲する危険があるので必ず口に入らない大きいものを選んで。

たっち・あんよの頃の水遊び

この頃になると、自分のおもちゃを使って遊べるようになります。

ママは出来るだけサポート役にまわって、自由に遊ばせましょう。

遊ぶおもちゃは、一度に沢山のものを出すよりも、ひとつ遊びに飽きたら次のおもちゃを出すといった具合に、小出しにすると良いですよ。

遊んでいる間も決して目を離さず、事故にはくれぐれも注意して下さいね。

1)コップやスプーン、泡だて器もおもちゃに

プールの水をコップで汲んで、小さなバケツに移す。
これだけでも、赤ちゃんにとっては夢中になれる水遊びのひとつ。

洗面器をいくつか並べて、次々移していくのも良いですよ。
面白がって、何度も繰り返して遊びます。

スプーンや泡だて器等でバシャバシャ掻き回して遊ぶのも大好きです。

「上手だね!」「おもしろいね!」など、ママが声を掛けてあげると赤ちゃんも喜びます

2)ペットボトルを浮かべたり振って遊ぼう

ペットボトルに水を入れてフタをしめると、簡単おもちゃの出来上がり!

水を沢山入れたもの、少量入れたもの等いくつか用意して、沈めたり、浮かべたり、シャカシャカ振ったりして遊びましょう。

キャップは誤飲の危険があるので、赤ちゃんが外せないようにしっかり締めておいて下さいね。

3)水遊び専用のおもちゃを使って

この頃になると、水鉄砲や魚釣りゲームなど、使い方が少し難しいおもちゃにもチャレンジしてみましょう。
ママが遊び方を見せてあげてから、自分ひとりでやらせてみましょう。

4)色水遊び

ペットボトルに水と食品用天然着色料を混ぜて作る、色水遊びもおすすめです。

紅花の赤、ヨモギの葉の緑、クチナシの実の黄等、色とりどりの水は赤ちゃんに刺激を与えます。
色の名前を教えるいい機会にもなりますよ。

赤ちゃんがフタを開けて、色水を飲まないように注意して下さいね。

5)水遊びを止めるタイミング

遊びに夢中になると、なかなか水遊びを止めてくれない事もあります。
そんな時は、無理やり止めさせようとしても逆効果。

うまく切り替えが出来るように、水遊び用のおもちゃとは別のおもちゃで気を引きましょう。

息子の場合は、大好きなアンパンマンの曲を予めセットしておいて、曲が流れてきたら
「あ!アンパンマンが呼んでるよ~!」と誘導したり、水遊びが終わったらおやつタイムを設けて「おやつ食べよ~!」で誘惑(?)してました。

もちろん上手くいかない時もありますが、イライラしないで色々な方法を試してみましょう。

赤ちゃんは体温調整が上手く出来ません。
水遊びが終わったら、温水シャワーで体を温めてあげてから服を着せましょう。

前もって着替えを用意しておくと安心ですよ。

赤ちゃんとの水遊びの目的は水に慣れること

水遊びの目的は、水に慣れてその感覚を楽しめるようにする事です。

嫌がる赤ちゃんを無理やりプールに入れる必要はありません。
プールの横で水を汲んだり、ちゃぷちゃぷするだけでも十分です。

事故に気を付けて、赤ちゃんとの水遊びを楽しんで下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

30代40代のママに向けて、いろんな情報を掲載しています!

カテゴリー

人気記事ランキング

まだデータがありません。