1・2・3歳児におすすめ!初めての子供用レインコートと選び方

高齢ママの子育て2015年8月18日 更新

1・2・3歳児におすすめ!初めての子供用レインコートと選び方

1・2・3歳児の初めてレインコート

子供のレインコートや傘デビューはいつから?どんなタイプを選んだら良いの?
子供用レインコートの種類や購入時期、使い始めを迷っているママ達へ。

今回は、レインポンチョやロンパース型のレインコート、セパレート型レインスーツ等、1・2・3歳児の各年齢に合わせた人気のレインコートをご紹介します。

初めての子供用レインコートの選び方

まず、出掛ける頻度や交通手段によってレインコートの必要性は変わってきます。

保育園に通っている場合は毎日の事ですし、お出かけが車メインであれば短時間しか利用しないという事になります。

また雨の日も子供と散歩に行くなど、雨の日の過ごし方でも変わってきます。

1)3歳位迄は傘よりもレインコートの方が安全

3歳位迄は、まだまだ一人で傘をさすのは難しいもの。
さすというよりも肩にかけて支えるのが精いっぱいなので、とても不安定で危険です。
だから傘よりもレインコートの方が濡れませんし、安全です。

また、2歳児は「イヤイヤ」反抗期の真っ只中。

「雨に濡れるから帰ろう」「イヤっ!」
「じゃあ傘さして」「イヤっ!」

といった具合で、傘なんて全く役に立たない事が多いものです。

しかも子供には、晴れの日も雨の日も関係ありません。
例え雨が降っても「おそと!おそと行くのっ!」と玄関に走ります…。

そんな時、ロンパースやセパレートタイプのレインコートを着ていれば、雨の日のお散歩も、水たまりに入ってちゃぷちゃぷしたって安心です。

2)レインコートを嫌がる子供

子供によっては、レインコートを着るのを嫌がったりする事もあります。
保育園の登園朝に、それが原因で大泣きなんてよくある事です。

方法としては、いきなり登園朝にレインコートデビューさせるのは避ける事。

前もって家の中で、「ママも一緒に着ようっと!」と着る練習をしたり、出来れば一度外遊びで着せてレインコート=遊び=楽しいを記憶させると良いですよ。

可愛い!カッコいい!と褒めてあげるのも忘れないで下さいね。

1歳半頃からはレインポンチョ

まだよちよち歩きの頃は、ベビーカーや抱っこというママが多いと思います。
でも歩行が少し安定してくる1歳半頃からは、自分で歩きたがるベビーも。

特に保育園など毎日の送り迎えの時に、「あんよ!」と言いだしたり、車から登園口まで歩く間に濡れてしまう事もあります。

そんな時におすすめなのがレインポンチョ。
上からさっと被せるだけなので、手間がかかりません。

★La Chaise Longue レインポンチョ ジャングル

ウシやニワトリなど牧場の動物達のイラストが可愛い!
白ベースっていうのもありそうで無いカラーです。

★ベアラビと一緒ならワクワク☆レインポンチョ

クマとウサギのイラストと、ビビッドカラーがキュート!

2歳からはロンパース型レインコート

好奇心旺盛でイヤイヤ期の2歳児には、とにかく何したって良いよ~!と言えるロンパースレインコートがいち推しです。

実はウチの息子のイヤイヤ期も、それはそれは激しいもので…。
保育園の駐車場で水たまりから出ない、雨の日に「おそと!おそといくのっ!」と泣きわめく事なんて珍しくありませんでした。

そこで大活躍したのが、このロンパース型のレインコート。

足首までしっかり隠れて、前ファスナーで着脱も簡単。
自転車での送迎や、雨の日のお散歩にも最適です。

晴れた日は砂場遊び着としても使えるので便利ですよ。

★Boribon(ボリボン)レインスーツ

おとぎばなしの世界を意識した、ぬくもりのあるデザイン・アイテムを提案するベビーブランド「Boribon(ボリボン)」の2015SS作品。

★レインロンパース

恐竜、電車、お花、虹に雲と、子どもが大好きなポップなデザイン!

3歳からは普通のレインコート

3歳になると傘をさす練習もしながら、メインはレインコートでというのがベター。
サイズ的には元々大きめに作られているので、100~110を選ぶママが多いようですよ。

★Momo’s fashion shop/アニマル柄キッズレインコート

Momo’s fashion shop/アニマル柄キッズレインコート

元気なキッズにぴったり!
カラーによって背中の動物のイラストと、裾のデザインが異なるオシャレなレインコート。

★こどもビームスReady Mades15S HOOD COAT

(コドモビームス) こども ビームス Ready Mades

ビビッドカラーが多いレインコートの中で、返ってオシャレ感が漂うのがこんなデザイン。
同シリーズの傘とコーディネートするのも良いですね。

★モンベル ハイドロブリーズ クレッパー Kid’s

自転車での送迎には、このように上下別々になっているセパレートタイプを選ぶと良いですよ。

雨は子供にとって不思議な友達

雨の日に限って歩く、外に出る、水たまりに入る、傘をささない、帰ろうとしない…。
それもその筈。
子供にとって、空から降ってくる水や、地面に出来た池は「なんだこれ?」という好奇心を刺激する不思議な友達です。

私達も子供の頃、そうやって雨に遊んでもらいましたよね。

そんな不思議な友達、雨と子供が仲良くなれるアイテムがあれば、子供はもちろんママだってもう一度改めて雨と友達になれますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

30代40代のママに向けて、いろんな情報を掲載しています!

カテゴリー

人気記事ランキング