【男性不妊】30代40代の男性不妊症の原因とチェックポイント

高齢不妊治療2015年5月25日

【男性不妊】30代40代の男性不妊症の原因とチェックポイント

男性不妊と精子の老化

加齢による不妊原因の増加は、女性だけに起こるものではありません。

専門家によると、精子の質や量は35歳を機に低下する傾向にあり、高齢男性ほど子供ができにくくなるとの事。

男性不妊症の原因、乏精子症、精策静脈瘤、無精子症、精子無力症、ED(勃起障害)など、子どもが欲しい夫婦であれば、是非知っておきたい男性の高齢不妊の原因と、そのチェックポイントについて調べてみました。

精子も35歳から老化

「夫が35歳以上の場合、不妊のリスクが増える」というフランスの研究結果に加え、「男性は35歳から精子の量が悪化する」としたアメリカの研究結果が発表されたのは2013年。

そして翌2014年には、日本の独協医科大越谷病院(埼玉県)の岡田弘教授らのグループの研究により「男性の精子の受精能力が35歳を境に低下する傾向がある」事が明らかになりました。

専門家によると、「40歳からは精子の質と量が明らかに低下し、高齢男性ほど子供ができにくくなる」との事。

そして、「何歳にしろ、男性は、生殖システムと年齢に関連性があることを意識するべき。もし子供が欲しいなら、遅すぎにならないよう考慮しなければいけない」と助言しています。

男性不妊の原因は?

現在、男性の10人に1人が精子に問題があると言われています。

そして男性不妊の原因は、大きく「精子の問題」と「精巣の問題」、「心因性・器質性ED」といった3つの問題が挙げられます。

男性不妊の原因第1位は「乏精子症」

男性不妊の9割以上を占めると言われるのが、精子を作る機能に問題のある造精機能障害です。

そして乏精子症とは名前の通り、この造精機能障害によって精液中の精子濃度が低い状態を指します。

乏精子症は精子濃度、精子運動率、奇形率等を総合的にみて判断されます。

WHOによると、自然妊娠には精子の数が1mlあたり4000万個以上(2000万以上は正常)、総運動率は50%以上である事が望ましいそうです。

乏精子症の主な原因

1)精策静脈瘤
精巣やその上の精策部に静脈の血液が逆流し、コブの様なものができた状態。

乏精子症・精子運動率低下の35%はこの精策静脈瘤が原因と言われ、男性不妊患者の40%以上に認められるそうです。

2)特発性造精機能障害
男性不妊の8割以上と言われる造精機能障害の半数以上は原因が特定されていない様です。

どこにも異常が認められないにも関わらず、精子濃度や精子の運動率が低いために妊娠しづらくなっているというケースです。

乏精子症のチェック方法

□左右の陰嚢に違いはないか
静脈瘤は左側の陰嚢に出来ることが多く、モコモコした感触がある。

□長時間座っていた時、痛みはないか
座っていると、静脈瘤が圧迫される事で血流が悪くなり、痛みが出てくる。

男性不妊の原因第2位は「無精子症」

男性の1%に認められると言われる無精子症は、大きく次の2つに分類されます。

閉塞性無精子症
 L精子があっても、その精子の通路が塞がっている

非閉塞性無精子症
 L精子そのものが全く作られていない、或いは極めて少ない
  無精子症全体の約80%を占める

閉塞性は、手術によって精子の通り道を再建する事が可能です。
難しいのが患者数も多い非閉塞性で、原因が先天的なものか後天的なものかによって治療法は異なります。

無精子症の主な原因

1)先天的に精管が無い
2)径ヘルニアやパイプカット手術等による精管結紮
3)精巣上体の炎症

過去に尿路感染、精巣上体炎、クラミジアなどの性感染症、鼠径ヘルニアの手術、パイプカット手術の経験がある男性に起こる事があるそうです。

無精子症のチェック方法

□陰嚢が腫れている
いつの間にか陰嚢が腫れてきた。
だんだん痛くなってきた時は要注意。

□不潔な手で性器を触った
尿道出口にバイ菌が入ると危険

男性不妊の原因第3位は「精子無力症」

精液内の精子の運動率が低い状態を精子無力症といいます。

精液検査で前進する精子が軽度の場合、50%未満、または高速で直進する精子が
20%未満の場合、精子無力症と診断されます。
但し、測り方によって誤差が出たり、採取した時間でも違ってくる為、何%なのかを厳密に測定するのは難しいそうです。

精子無力症の主な原因

1)先天的な異常
2)前立腺の炎症
3)精巣の炎症

先天的な原因が多く、後天的な原因では、前立腺炎やおたふく風邪による精巣炎、高熱、精策静脈瘤等が原因などが原因になっているケースもあるようです。

精子無力症のチェック方法

□おたふく風邪
おたくふく風邪で高熱を出したことはないか。

□乳児期の手術
乳児期に停留精巣で手術を受けたことはないか。

男性不妊の原因第4位は「ED(勃起障害)」

性交渉において十分に勃起しない、勃起はするが途中で不全になり射精までもたないといった状態です。
マスターベーションは出来るが、性交渉の時はダメというパターンも目立ちます。

単なるEDはバイアグラにより治療が可能ですが、加齢やそれに伴った社会的ストレスなど心理的なものによるセックスレスも不妊の原因になります。

ED(勃起障害)の主な原因

1)心因的ED
勃起は副交感神経が興奮して初めて可能になります。
その為には、リラックスした状態でなければなりません。

仕事のストレスや、妻からの「今日は排卵日だから」といった言動がプレッシャーとなり、逆効果になっているケースが目立ちます。

この状態が続くとEDに陥るようです。

2)器質的ED
高血圧や糖尿病等の疾患がある男性は、比較的EDになりやすいと言われています。

血管が詰まってEDが起きている場合は、心筋梗塞や動脈硬化の前兆ではないかとも言われているようです。

3)膣内射精障害
マスターベーションでは射精できるのに、性行時に膣内に射精出来ない状態の事です。

マスターベーションと同じやり方もしくはもっと過剰な刺激を求めるような場合は、EDよりも射精障害に近く、別の対処方法が必要となるようです。

4)早漏・遅漏
自分で射精の時間をコントロール出来ない状態を指します。
疲れている時や落ちつかない時、短時間のマスターベーションの習慣などがその原因と言われています。

5)逆行性射精
内尿道口の閉鎖不全により射精時に膀胱側に射精してしまう為、射精感があっても精液が出ません。

腰部交感神経切除術、糖尿病、脊髄損傷、後腹膜リンパ節廓清術、経尿道的前立腺切除術等がその原因と言われています。

ED(勃起障害)のチェック方法

□失敗したらどうしようと緊張する
過去にセックスで上手くいかなかった経験があり、それが頭をよぎる

□排卵日は帰りたくない
「今日は排卵日」と言われると気が重い。

□普通の性行為よりマスターベーションの方が感じる

□射精のタイミングを全く自分でコントロール出来ない

□過去に次のような手術の経験がある
腰部交感神経切除術、糖尿病、脊髄損傷、後腹膜リンパ節廓清術、経尿道的前立腺切除術等

不妊について二人一緒に考える

妊娠は男女の共同作業なのですから、不妊の原因が女性、男性のどちら側にあろうと、不妊というのは二人の問題として捉えるべきです。

とりあえず私だけでも…と女性だけで検査や治療を始めてしまうと、その時間と労力が結果的に無駄になる可能性だってあります。

まずは、不妊について一緒に考える所からスタートしてみましょう。
その上で同時に不妊検査を受けるのが理想的です。

その為にも普段から夫婦のコミュニケーションをしっかり取っておく事が大切です。

《参考文献》
東洋経済オンライン/男性不妊をもたらす、4つの原因
日刊アメーバニュース/男性も要注意!子供を作るタイムリミット「35歳以上の場合、不妊症のリスクが増える」

産経WEST/精子も35歳から老化 授精能力が低下 独協医科大が研究まとめ

男性不妊/男性不妊とは?その原因

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

30代40代のママに向けて、いろんな情報を掲載しています!

カテゴリー

人気記事ランキング