妊娠したいと思ったら受けるべきブライダルチェックとは?

高齢妊活2015年4月13日

妊娠したいと思ったら受けるべきブライダルチェックとは?

ブライダルチェックとは?

ブライダルチェックとは、妊娠・出産に影響を与える病気や疾患が無いかを調べる検診の事です。
ブライダルチェックという名称ではありますが、結婚を控えた女性だけでなく、未婚・既婚問わず全ての女が受けることができます

30代40代の花嫁が珍しくなくなってきた現在、妊娠を望むなら早めの準備が必要です。その為にも是非受けておきたいブライダルチェック。

興味はあるけど受けた事が無い、或いは知らなかったという女性の為に、今回はその必要性と気になる費用や検査内容などについてご紹介します。

ブライダルチェックの必要性

ブライダルチェックと婦人科健診の違いって何?と思う人もいるでしょう。
その大きな違いは、性感染症や子宮、卵巣の異常など自分のカラダに「妊娠しにくい要素が無いか」を調べる事が出来るという点にあります。

不妊につながる病気やベビーの成長、出産の妨げになる病気の有無を知る事が、ブライダルチェックの一番の目的です。

それが妊娠前に分かれば、治療で改善したり、リスクを減らす事ができる可能性があるからです。

ブライダルチェックの費用

ブライダルチェックで行う検査は「保険適応外」です。
費用はクリニックや検査内容によって異なりますが、一般的に2万~4万程度と言われています。

必要な検査項目がセットになっている所もあれば、受けたい検査だけチョイスしたり、カスタマイズできる病院もあります。

またパートナーと一緒に受けたり、人間ドックとセットにすると割引になるクリニックもあるようなので、ホームページでチェックしてみて下さいね。

ブライダルチェックの主な検査項目

★医師による問診

事前に記入した問診表を基に医師と面談して話し合います。

《問診内容》
健康状態や生活習慣、病歴やアレルギーの有無、妊娠や出産の経験、初潮の年齢や月経痛など

★基礎体温診断

基礎体温はその人のホルモン状態がひと目で分かる重要な資料です。
つけている人は必ず持参しましょう。

★尿検査

《検査内容》
尿に異常が無いかを調べます。

《検査の目的》
糖尿病や腎臓病、膀胱炎の早期発見。
※糖尿病のまま妊娠するとベビーが奇形、巨大児になるなどのリスクも発生します。

★経膣超音波

《検査内容》
膣内部に超音波器具を挿入し、子宮や卵巣の状態を診ます。

《検査の目的》
子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮や膣の奇形などの有無。

子宮筋腫のできている場所、子宮の奇形の程度によっては、着床障害などが起こりやすいなど、不妊の原因になる事があります。
流産や早産の可能性が高まるともいわれているので、早めに検査する事が大切です。

★子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん検診

《検査方法》
内診して子宮内の細胞を採取し、超音波検査で卵巣を調べます。

《検査の目的》
子宮頸がんは子宮の入り口に、子宮体がん検査では子宮内膜に出来るがんの有無を検査します。

★性感染症検査

《検査方法》
膣分泌液を採取し、クラミジア感染や淋菌感染などの性感染症を調べます。

《検査の目的》
自覚症状が無い場合がほとんどですが、近年感染数が増加しています。
クラミジア感染症による卵管炎が不妊症や流産の原因になる事があります。

★血液検査

《検査内容》
HIV、肝炎、ヒトT細胞白血病ウイルス、血糖値、貧血、肝機能、腎機能などを調べます。

《検査の目的》
HIVやヒトT細胞白血病ウイルスが陽性の場合、産道感染や母体感染でベビーに感染する可能性があります。

★風疹・麻疹抗体価

《検査内容》
採血して風疹と麻疹の免疫を持っているかを調べます。

《検査の目的》
妊娠後期に感染するとベビーに先天性風疹症候群が起こる場合があるので、抗体が無い場合は、妊娠前に予防接種をしておくと安心です。
※自治体の無料検査もあります。

★抗ミュラー管ホルモン(AMH)

《検査内容》
卵巣内にある前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモン数値を調べます。

《検査の目的》
女性の卵巣年齢を知る指標となる数値を調べる事で、それに応じた排卵誘発方法をとる事が出来ます。

★トキソプラズマ抗体

《検査内容》
血液検査でトキソプラズマの抗体を調べます。

《検査の目的》
トキソプラズマは猫の糞や土の中にいる原虫。
妊娠中の初感染では胎児に感染する可能性があります。

★アミノインデックスがんスクリーニング検査(AIS)

《検査内容》
絶食して、午前中に採血を行います。
血液中のアミノ酸を測定してがんリスクを調べます。

《検査の目的》
胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん等のリスク

★フローラチェック

《検査方法》
クリニックで検査キットを受け取り、自宅で採便して提出。
腸内細菌のバランスをチェックします。

《検査の目的》
腸内環境は免疫機能に深く関わっているため、このバランスが崩れると様々な疾患が起こる可能性があります。
妊娠出産後は新生児の免疫に影響する可能性も報告されています。

★男性版ブライダルチェック

もちろん男性も検査を受けることが出来ます。
是非パートナーも一緒に行いましょう。

《検査内容》
問診、血液検査、精液検査。必要に応じて触診や超音波検査等。

《検査の目的》
性感染症や精子の状態などをみて男性不妊の可能性が無いかを調べます。

検査結果は内容にもよりますが、約1~3週間程度で出ます。
忙しくて取りに行けない場合などは郵送してくれるので、確認しておきましょう。

妊娠・出産に向けてのスタンバイ

子どもを望むなら早め早めの準備が必要です
自分のカラダを知らなければ、その間にトラブルが進行しているかもしれません。
ブライダルチェックで少しでもリスクや不安材料を減らし、妊娠・出産に向けてスタンバイしておくのがベストです。

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

30代40代のママに向けて、いろんな情報を掲載しています!

カテゴリー

人気記事ランキング