新発売!新生児抱っこひも安全強化の新基準おすすめ4ブランド

高齢出産 高齢ママの子育て2015年10月23日 更新

ベビーウエストベルト1
出典:ergobaby.jp

落ちない・落とさない新基準・新発売の抱っこひも

赤ちゃんが抱っこひもから落下する事故を受けて、新たな安全基準が作られたのが2015年3月。
そして今年の秋冬から新タイプの抱っこひもが発売されます。

そこで今回は、抱っこひもを選ぶ際の注意ポイントや事故事例、月齢別の使い方までを動画でご紹介。
コンビ・アップリカの国内メーカーから、エルゴベビーやベビービョルンといった海外ブランドの新商品まで、新しい安全な抱っこひもについてご紹介します。

抱っこひもを選ぶ際の注意ポイント

・子供の安全性:53.5%
・保護者の体への負担の小ささ53.4%
・着脱のしやすさ42.6%
・価格26.1%
・落下防止ベルトなどの安全性21.3%

抱っこひもの落下トラブル

・装着途中で赤ちゃんが突然反り返って頭から落ちそうになった。
・下に落ちた物を拾おうと前屈みになった時、抱っこひもから赤ちゃんがずれ落ちた。

など、抱っこひもからの落下が問題化したのは、昨年、東京都の安全対策協議会のテーマになってから。
国立成育医療研究センターや東京消防庁のデータベースを集約した結果、2009年から14年6月までに報告された抱っこひもの落下事故件数は117件。

多くはママ自体が自分の不注意だと思い、重症でなければ救急車を呼ぶことも無く、メーカーに連絡する事も無いため、実際の件数は数倍に上ると考えられます。

抱っこひもの新基準

抱っこひもの新基準

事態を重く見た協議会は、安全性を保証する「SGマーク」を手掛ける一般社団法人「製品安全協会」に働きかけ、今回の安全基準の変更に繋がりました。

旧基準では生後4ケ月からとされていた縦抱きの抱っこひも。
実際には多くの人がもっと早くから使っている実態に合わせ、頭当てを使ったうえで生後1ヶ月からに。

更に赤ちゃんの腕や足通し、ベルトやカバーなどでずり落ちないようにするという基準が加えられています。

また、緩くつけた状態で動いても落ちないことを確認するテストをメーカーに求め、テスト内容に新たに前かがみになって片手を下げる動作もプラスされているようです。

各メーカーの新基準抱っこひもへの取り組み

こうして今年3月の新基準を受けて開発された各社の新抱っこひもが、この秋冬から販売をスタート。

国内メーカーのコンビとアップリカは以前から新基準を満たす製品を販売中ですが、シェアを伸ばしている海外ブランドのエルゴベビーやベビービョルンからも新商品が発売されます。

出産準備品として欠かせない抱っこひも。
これから準備するママは、是非安全基準を確認して選んで下さいね。

エルゴベビー/ベビーキャリア

☆11月1日日本限定発売『ベビーウエストベルト』
☆12月日本限定発売『ベビーウエスト付抱っこひも』
ベビーウエストベルト1
出典:ergobaby.jp
都の調べで約50%の使用率を占めるのが、エルゴベビー(米国)。
12月より日本限定で、赤ちゃんの腰と抱っこひもをつなぐ新機能の「ベビーウエストベルト付き抱っこひも」が発売される事発表されています。
先行販売として、エルゴベビー・ベビーキャリアの全シリーズに装着可能な「ベビーウエストベルト」の別売りが11月1日より販売開始となっています。

※エルゴベビーのベビーウエストベルト付き抱っこひもについては、また詳細が分り次第お知らせしますね!

ベビーウエストベルト
出典:ergobaby.jp

→日本のファミリーのためにさらなる安心を。「エルゴベビー・ベビーキャリア」日本限定の新機能を発表。

ベビービョルン/ベビーキャリアONE+

ベビーキャリアONE+

Photo by akasugu.fcart.jp
早月齢向け抱っこひもを得意とする「ベビービョルン」(スウェーデン)は、ぴったりと密着して、赤ちゃんの肩を支えて落下を防ぐ「ベビーキャリアONE+」を新発売。
通気性抜群のメッシュ素材なら尚安心!

→ベビービョルン/ベビーキャリア

↓赤すぐネットから購入できます↓
ベビービョルン ベビーキャリア ONE+

コンビ/ニンナナンナ サットフィット 4WAY

コンビ抱っこ紐
出典:combi.co.jp
柔らかなヘッドサポートで頭を支え、腕を通す「わきぐりサポート」で落下を防ぎます。
ブリッジバックルでしっかりと体を固定。
足ぐりベルトが腰回りと足をしっかり支えるので、おんぶもラクラク。

★コンビ/ニンナナンナ サットフィット 4WAY

アップリカ/コランCTS

アップリカサポートハーネス

アップリカの「コランCTS」シリーズは、股ぐりの「サポートハーネス」などでベビーを固定。
ハーネスが赤ちゃんをホールドするので、おんぶ・抱っこ時を安全にサポートしてくれます。
更にキャリートラベルシステム採用で、ベビーカーにもセット出来る人気商品!

★アップリカ 抱っこひも Carry Travel System コランCTS

抱っこひもの安全な使い方/製品安全協会


抱っこひもの事故事例から、月齢に応じた安全な使い方まで、分りやすい動画で解説されています。

大切なのは「まず素手で抱くこと」

最後に朝日新聞に掲載されていたNPO法人「抱っことおんぶの研究所」理事長で、東大大学院博士課程で抱っことおんぶの研究を進める園田正世さんの言葉を紹介したいと思います。

「今のお母さんは『初めて抱っこするのが自分の子』という人がほとんどで、赤ちゃんの扱い方を体得できていない」。

「道具以前にまずは素手で抱いてみて。人は抱き合っている相手のことは忘れないが、持っている道具のことは忘れたり、落としたりする。『運ぶ』のではなく『抱いて』、赤ちゃんがどうされたら心地よいか、母子が溶け合うように一体化するか考えてほしい」。

まずは素手で赤ちゃんをたくさん抱っこして、しっくりくる感覚を覚える。

その上で各社の製品HPやDVD等で、正しい着け方をマスターして、抱っこひもを使う事が大切です。

参考資料:朝日新聞10月17日朝刊
アンケート:東京都新商品等安全対策協議会の報告書から

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

30代40代のママに向けて、いろんな情報を掲載しています!

カテゴリー

人気記事ランキング