出産後の会陰切開の傷、痛みはいつまで?ケアは?

産後ケア2015年10月3日 更新

出産後の会陰切開の傷、痛みはいつまで?ケアは?
Photo by Luis Hernandez – D2k6.es

会陰切開の傷は、産後の正しいケアが回復を早めます!

出産後の痛みと言えば、会陰切開の傷。
約7割弱のママが経験する会陰切開。
痛みはいつまで続くの?トイレの時やかゆみの対処法は?etc
会陰切開の傷を少しでも早く治すに為に、知っておきたい正しい産後ケアについてまとめてみました。

会陰切開の傷口の痛みはいつまで?

Q.傷の痛みはいつまで続いた?

・1週間未満:41%
・3週間~1ヵ月未満:21%
・1~2週間未満:20 %
・2~3週間未満:10 %
・1~2ヶ月未満:7%
・2~5ヵ月未満:1%

アンケートでは、約4割のママが1週間未満で落ち着いたと回答。
ほとんどの場合、切開の傷自体は4~5日でふさがり、その後傷が開くことはありません。
退院するころにはだいぶ落ち着き、1ヵ月検診の頃には、痛みや違和感はほぼ無くなります。

入院中は安静に過ごす

会陰切開は入院中が最も痛い時。
赤ちゃんが寝ている間は、ママも必ず横になって休むようにしましょう。
お見舞いがある時も、痛む時は無理をしないで横になりましょう。

傷を縫合した糸で痛みを感じる場合は、溶けない糸を使用している場合でも、退院する時に抜糸してもらるとラクになりますよ。

会陰切開後の必需品!円座クッション

帝王切開の予定が無い限り、必ず出産前に用意しておきたいのが円座クッション。
座る時に痛む間は欠かせません!

★MOGU サークルクッション

産後ママのデリケートなヒップサポートに最適!
オシャレなカラーを選ぶと気分も明るくなりますよ。

会陰切開後のトイレのコツ

排泄時に傷が痛む、傷口が開くのが怖くて排便できない等、トイレに恐怖を覚えるママは多いもの。
まずは下腹部に手を添えてリラックス。
そして息を吐きながらやってみましょう。
逆に息を止めると余計な力が入ってしまうので痛みを増長させます。

食事はしっかり摂る

低たんぱくの食生活は傷の治りを遅らせます。
産後は大豆食品や魚など良質なたんぱく質をたっぷり摂りましょう。
ビタミン類も皮ふを回復させ、強くする効果があります。

食物繊維をたっぷりとる

食物繊維をたっぷりとる

只でさえ傷が痛むのに、便秘になると余計痛みを増長させる事になります。
水分はもちろん、食物繊維を多く摂って便秘にならないように心掛けましょう。

カラダを冷やさない

体が冷えると血流が悪くなり、傷が回復するのを妨げます。
体を冷やす食べ物・飲物は控え、しょうがやイモ類など体を温めるものを食べるようにしましょう。
腹巻きや膝かけ、レッグウォーマーや冷え取り靴下等で腰回りから足全体を冷やさないようにして下さいね。

※体を温める食べ物やグッズについては次回また改めてご紹介しますね!

毎日シャワーを浴びて清潔に

傷の回復の為にも、常に清潔を保つ事が肝心です。
産後は毎日シャワーを浴びて、細菌感染もしっかり予防しましょう。

毎日シャワーを浴びて清潔に

トイレではビデを使ってきれいに

排泄後は、ウォシュレットのビデでキレイに流して清潔に。
拭くときは、擦らずに軽く押さえて下さいね。

産褥用パッドや悪露ナプキンはこまめに交換

傷口に直接触れる産褥用パッドやナプキンは、こまめに交換しましょう。
雑菌が繁殖して感染する恐れがあります。
また、蒸れる事で縫合部分のかゆみや荒れを引き起こします。

会陰切開の傷の痛みが強い時は鎮痛剤を

会陰切開の傷の痛みが強い時は鎮痛剤を

痛みを我慢してばかりいては、傷の回復を妨げてしまいます。
授乳中でも内服できる鎮痛剤があるので、痛みが強い時には、産院や助産師さんに相談しましょう。

痒みは傷が治りかけているサイン

縫合した箇所が痒い場合は、皮ふが再生している証拠です。
但しデリケートな部分だけに、搔いてしまうと出血したり、炎症を起こす可能性があるので注意が必要です。
産科でかゆみ止めの薬を処方してもらえるので、痒みが強い時は受診してしましょう。

また性器全体に強い痒みを感じる場合は、カンジダを発症している可能性もあります。

こんな症状の時は受診を

傷から出血がある、或いは傷の痛みが増したりした場合は、化膿や血膿が出来ている場合があります。
必ず産婦人科を受診しましょう。

会陰切開の傷には時間がお薬

会陰切開の傷には時間がお薬

会陰切開の傷に最も効く薬は「時間」です。
1日1日必ず症状は軽くなっていきますから、安心してケアしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

30代40代のママに向けて、いろんな情報を掲載しています!

カテゴリー

人気記事ランキング

まだデータがありません。