赤ちゃん連れの新幹線移動を快適にするコツ

高齢ママの子育て2015年8月25日

赤ちゃん連れの新幹線移動を快適にするコツ

初めてでも安心!赤ちゃん連れ新幹線のお出かけノウハウ

帰省や旅行等で、赤ちゃんと新幹線に乗る時に重要なのが座席の確保

多目的室が隣なら、授乳やオムツ替えもラクラク!

おすすめの座席や個室、ベビーカーの置き場所やオムツ交換台設置車両にグズり対策まで。

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る際に、押さえておきたいポイントをまとめてみました。

新幹線の乗車券、赤ちゃん分は?

未就学児迄は無料ですが、横に座らせるなど指定席をとった場合は別途子供料金(大人料金の半額/グリーン車指定券は大人と同額)が必要となります。

赤ちゃん連れ新幹線のおすすめ座席は?

赤ちゃん連れ新幹線のおすすめ座席は?

授乳やオムツ替えが出来る多目的室と隣接している車両の、最前列か最後列がいち推し!

荷物が多い場合は、座席の前後に空きスペースがある、車両の最後列がおススメ。
グズった時など、すぐにデッキに出やすい通路側を押さえておくと安心ですね。

中には、子供が前の席を蹴飛ばしたりするので、最前列の席を確保するというママも。

赤ちゃん連れに便利な多目的室って?

施錠ができて、別途料金のかからない多目的室は、授乳やオムツ替えに便利。
但し、利用者が多く、待たなければいけない事も。

多目的室が利用出来ない時に、乗務員室を使わせてもらえる場合もあるので、余裕をもって乗務員さんに声をかけておきましょう。

念のために授乳ケープを持っていくと安心です。

★多目的室の設置車両

・のぞみ、ひかり
   L16両編成:11号車
・ひかりレールスター
   L8両編成:7号車
・こだま
   L8両編成:7号車、16両編成:11号車
・みずほ、さくら
   L8両編成:7号車
・かがやき、はくたか、つるぎ
   L12両編成:7号車

新幹線の車内でベビーカーはどこに置く?

ベビーカーを持っていく場合は、各車両の最前列最後列がおススメ。

最前列の席は足元のスペースが若干広め、最後列は後ろのシートと壁の間にキャリーケースが置けるスペースがあります。

また、東北新幹線など一部の車両には、デッキに荷物置き場もありますよ。

新幹線内にベビーカーをたたまないで置ける?

赤ちゃんがベビーカーに乗ったまま眠ってしまい、たためなくて困ったなんて経験、ありませんか?

そんな時、車いす対応座席が空いていれば、乗務員さんに理由を話してそのまま乗車出来る場合があるので聞いてみましょう。

新幹線の赤ちゃん連れ席を確保するには?

新幹線の赤ちゃん連れ席を確保するには?

JRカードの会員になって、ウェブで席を確保するのが最も簡単で便利。

後は電話予約か、窓口に行って取りたい席の希望を伝えます。
「小さい子供がいて、動き回るので…」など事情を話すと意外と取りやすいですよ。

特に混雑期には早めに予約しましょう。

新幹線移動での授乳やオムツ替えは?

車内でのうんちやオムツ替えは臭いも気になるので、乗車前と降車後に、駅や駅ビル、デパートのオムツ交換台があるトイレで済ませておきましょう。

広くてキレイなベビーコーナーがあれば、オムツ替えはもちろん授乳も快適に出来るから安心です。

新幹線乗車までの赤ちゃんとの過ごし方

新幹線乗車までの赤ちゃんとの過ごし方

「これから新幹線に乗るんだよ~!楽しみだね~!」等、話しかけて期待感を持たせてあげましょう。

未だ言葉を話せなくても、ママの楽しそうな声と笑顔はベビーにとっての安心感にもつながります。

男の子ならこのタイミングで、「これと同じのに乗るんだよ~」と新幹線のオモチャを渡すのもアリ。

よちよち歩きのベビーなら、駅前広場等で散歩させるのもおススメ。
疲れて車内でぐっすり寝ちゃう可能性大です。

新幹線での赤ちゃんのグズり対策は?

★玩具は新品の音が出ないミニ絵本がおススメ

お気に入りのオモチャと、今まで使った事が無い新品のオモチャを用意しておくと良いですよ。

但し、周囲の迷惑にならないように、音が出ないミニ絵本などにしておくのがベター。

★あやすのには抱っこひもが便利

グズり出したらデッキに出て、あやしながら外の景色を見せて気分転換を。

着脱しやすい抱っこひもを常備しておけば、ママも赤ちゃんも快適です。

座席の前後左右の人には、前もって「子供がグズってご迷惑お掛けするかもしれません」と、一言断っておくとスマートです。

★お昼寝タイムを移動時間にあてる

車中時間がお昼寝の時間になるように調整するのも一手。

但し、寝入りに必ずグズるベビーの場合は、乗車前に抱っこひもであやしながら眠らせるという方法もアリ。

★荷物は宅配便で送って負担を軽く

荷物が多いと、それだけでストレスも増してしまいます。

移動中に必要ない物は、事前に帰省先や旅先のホテルへ宅配便で送っておけば安心です。

まだある新幹線の赤ちゃん連れに嬉しいサービス

★オムツ交換台

山陽新幹線(新大阪~博多間)では、16両編成と8両編成の洋式タイプのトイレに「オムツ交換台」が設置されています。
※一部を除く

★コンパートメント(個室)

「ひかりレールスター」に4室設置してあるドアつきの個室。
大人3人以上の場合、普通車指定席料金で利用が可能です。

★子供運転台

500系こだま号(8両編成)で人気の子供向けサービス。
走行中に運転士気分でハンドル操作を楽しめます。

泣いたらどうしようでは無く、泣くものと割り切る

泣いたらどうしようでは無く、泣くものと割り切る

出掛ける前から「泣いたらどうしよう」とママが不安になっていると、その気持ちは必ずベビーに伝わります。
そして赤ちゃんも不安になってしまうのです。

「赤ちゃんは泣くもの」と割り切って、泣かせないようにと焦るよりも、大切なのは「大丈夫だよ」と安心させてあげる事。

周囲へは「うるさくてすみません」と配慮の一言があれば、空気も和むものですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!してもらえると嬉しいです(*^▽^*)

30代40代のママに向けて、いろんな情報を掲載しています!

カテゴリー

人気記事ランキング